KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)

被災地での活動報告や告知など。
一見さんの参加も歓迎。
「何かしたかったけど、何をしていいか分からない」
「きっかけがほしかった」
「どこにつながればいいか分からなかった」
そんな想いをお持ちの僧侶、宗教者、一般の方、一緒に活動しませんか?
<< 【報告】2016年5月(第63回)傾聴仏具配付訪問 | main | 【報告】2016年6月2期(第65回)傾聴仏具配付訪問 >>
【報告】2016年6月1期(第64回)傾聴仏具配付訪問
0
    【報告】2016年6月1期(第64回)傾聴仏具配付訪問
    ・日時:6月15日(水)
    ・訪問場所:
    (午前)宮城県女川町 野球場仮設集会室
    75歳以上対象の茶話会
    (午後)第1小学校仮設住宅
    ・合同法要:小乗漁港外堤防
    ・参加者
    遠田旭有(曹洞宗)、太田宏人(同)、若麻績敏隆(浄土宗/合同法要導師)

    ●活動内容
    午前中は野球場仮設の集会所。
    茶話会
    文部省唱歌「ふるさと」合唱
    合同法要
    (茶話会)
    約20人の参加者の方々が3グループに分かれ、そこに僧侶が一人入りました。約1時間、いろいろなお話がありました。
    (ふるさと合唱)
    若麻績さんの「天国=極楽=ふるさと=妣ノ国」のお話し、誰でもお浄土へ往っている、という内容の法話のあと、みなで「ふるさと」を合唱しました。
    (合同法要)
    導師:若麻績さん
    震災犠牲者の方の追善と復興の円成をお祈りしました。
    ・昼食
    ゆめハウス(高白浜)
    高白浜産のホヤ、イチジクなどを美味しくいただきました。

    午後は第一小学校仮設へ。
    平成30年度1月には廃止となるそうです。3分の1の世帯が転出していました。

    傾聴訪問をいたしました。
    ーーーーーーー
    以下は参加者(太田)の感想です。
    ●2011年の秋、ここを訪れた際に。KTSK参加者の方が阿部さんという方の写真を撮りました。阿部さんは女川原発の反対運動をされているかたで、「女川原発反対同盟」の旗を掲げていました。
    その阿部さんは仮設で亡くなっていました。そのことを聴き、娘で町議の阿部美紀子さんを訪ねました。阿部さんは、例の旗とともに父の意志を継ぎ、原発反対運動をされています。
    また、震災前に第一小学校で飼っていたものの、震災で飼育者がいなくなったウサギたちを引き取り、そだてています。
    ご両親と亡くなったウサギたちを拝ませていただきました。

    合同法要は、小乗漁港外堤防の端でいたしました。

    女川の海に近い場所。海の底に今も眠る方々へ、気持ちを込めました。
    (太田)

    次回は6月18日(土)
    次次回は7月28日(木)
    です。

    生きるための祈りを支えたい。
    こんにちは、の挨拶を届けたい。
    ぼちぼち参りましょう。
    | 活動記録 | 05:36 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 05:36 | - | - | - | - |









      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + KTSK傾聴の手引き
      + 初回参加者の声(活動に参加して)
      + KTSK通信(バックナンバー)
      【ここをクリック】
      KTSKで発行している「通信」です。
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ