KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)

被災地での活動報告や告知など。
一見さんの参加も歓迎。
「何かしたかったけど、何をしていいか分からない」
「きっかけがほしかった」
「どこにつながればいいか分からなかった」
そんな想いをお持ちの僧侶、宗教者、一般の方、一緒に活動しませんか?
<< 【報告】2016年10月第1期(第71回@女川) | main | 【報告】2016年11月(第73回@女川)傾聴仏具配付訪問 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    【報告】2016年10月第2期(第72回@熊本通算3回目)
    0
      【報告】2016年10月第2期(第72回@熊本通算3回目)
      ●日時 10月28日(金)
      ●訪問場所
      以下の仮設住宅
      ・(益城町)飯野小学校、木山
      ・(御船町)旧七滝中学校、七滝トンネル
      (合同法要)
      ・益城町木山地区(渡邉如心導師)
      ●活動内容
      仏具配付、傾聴
      ●参加者
      【一般】匿名希望1名
      【浄土真宗本願寺派】渡邉如心、中川友佳・一晃夫妻(部分参加)
      【曹洞宗】太田宏人

      ●感想
      渡邉如心
      『活動報告にかえて』
       筆が進まない。何を書いていいかわからない。それが、今の飾らない気持ちだ。
       熊本でのKTSKの経験というものは、私に大いなる衝撃を与えた。ただそのことを語るのに、「傾聴の何たるかを知ることができました」だとか、「単なる『すくいたがり』であった自分をおもい知りました」だとか、「みなさんと共有感をもてました」だとか、お座なりな言葉をどれだけ並べたところで、薄っぺらいものにしかならない。そして、そんな薄っぺらいものにしたくはない。
       だから、本音としては活動報告を書くことはご勘弁願いたい。ただ一つだけ所感を述べさせていただくにとどめる。
       「すべての戦争は自衛意識からはじまる」などと言うが、そのことは個人的問題にも換言することができるだろう。心を許しあっていない人間関係の中で、私はどうしても「感じよくしゃべろう」としていた。しかしそのことは、「私を感じよく見せよう」とする、ある種の自衛意識だったのではなかろうか。例え立派な志をもっていたとしても、自衛意識がほんの少しでも混ざれば、それは「雑毒の善」ということになる。そしてそれは、大きな壁として人間関係の間に立ちはだかるのだ。いつまでたっても距離は縮まらない。
       「感じのいいセールスマン」として振る舞っていた自分を強烈に慚愧した。そんな熊本での体験だったが、今後、忸怩たる思いで再度参加させていただきたい。
      =============
      次回(女川)は11月22日(火)。
      ☆生きるための祈りを支えたい。
      ☆こんにちは、の挨拶をとどけたい。
      KTSK



      | 活動報告 | 23:13 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:13 | - | - | - | - |









        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + KTSK傾聴の手引き
        + 初回参加者の声(活動に参加して)
        + KTSK通信(バックナンバー)
        【ここをクリック】
        KTSKで発行している「通信」です。
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ