KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)

被災地での活動報告や告知など。
一見さんの参加も歓迎。
「何かしたかったけど、何をしていいか分からない」
「きっかけがほしかった」
「どこにつながればいいか分からなかった」
そんな想いをお持ちの僧侶、宗教者、一般の方、一緒に活動しませんか?
<< 【報告】2017年4月第2期(第83回@熊本通算8度目)訪問活動 | main | 【報告】2017年6月(第85回@女川)訪問活動 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    【報告】2017年5月(第84回@女川)訪問活動
    0
      【報告】2017年5月(第84回@女川)訪問活動
      活動を支える全ての方々に心からの感謝を申し上げます。
      (日時) 2017年5月19日(金)
      (参加者)赤城俊和(天台宗、合同法要導師)、太田宏人(曹洞宗)、三宅大哲(曹洞宗)
      (訪問場所・時系列で)
      ○女川町・聖花園、新田仮設ばんぷきん(グループホーム)、新田仮設、ゆめハウス(昼食)、小屋取仮設、塚浜仮設、飯子浜仮設、小乗向仮設
      (合同法要)石巻市松原町堤防上

      [感想]
      ○赤城○
      今回の女川訪問は3ヶ月ぶり。たった3ヶ月でも駅周辺の整備はだいぶ進んだように思えた。

      車で走行しながら目についたのは完成したばかりの真新しい災害公営住宅(団地)。すでに入居が始まっており、所々生活感も出ていた。
      全体的にみてこの公営住宅は高台にあり、買い物ができる町中心部は徒歩圏内ではあるものの坂道を歩かねばならず、高齢者単身世帯にはまだ生活しやすいとは言えないと思う。

      また、仮設住宅を訪問し皆さんと話をしていると、今後きちんとした公営住宅に入居が決まりひと安心という気持ちがある反面、費用面やまた慣れない環境に移って適応できるかという不安なお気持ちもあるようだった。

      復興に向けてまだまだ途中ではあるが、人の心とモノとのバランスが大事で、あまり格差が生じないまちづくりが進むことを期待します。

      また参ります。
      ※次月以降、女川訪問は
      6/1(木)
      7/24(土)
      ○生きるための祈りを支えたい。
      ○「こんにちは」のあいさつを届けたい。
      KTSK
      | 活動報告 | 00:01 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:01 | - | - | - | - |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + KTSK傾聴の手引き
        + 初回参加者の声(活動に参加して)
        + KTSK通信(バックナンバー)
        【ここをクリック】
        KTSKで発行している「通信」です。
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ