KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)

被災地での活動報告や告知など。
一見さんの参加も歓迎。
「何かしたかったけど、何をしていいか分からない」
「きっかけがほしかった」
「どこにつながればいいか分からなかった」
そんな想いをお持ちの僧侶、宗教者、一般の方、一緒に活動しませんか?
<< 【報告】2017年10月(第90回@女川)訪問活動 | main |
【報告】2017年10月第2期(第91回@熊本通算10度目、朝倉通算1度目)訪問活動
0

    【報告】2017年10月第2期(第91回@熊本通算10度目、朝倉通算1度目)訪問活動

    ☆活動を支える全ての方々に心からの感謝を申し上げます☆

     

    ■熊本県■

    【日時】2017年10月20日(金)

    【訪問場所】 西原村小森仮設

    【活動内容】 仏具線香配布、傾聴・戸別訪問(仮設住宅)

    【参加者】 遠田旭有(曹洞宗・法要導師)、太田宏人(曹洞宗)

    【法要】 西原村布田納骨堂

     

    ■福岡県■

    【日時】2017年10月21日(土)

    【訪問場所】

    朝倉市 

    1.杷木小学校仮設

    2.宝珠山仮設

    3.ゲートボール場仮設

    4.頓田仮設

    【活動内容】 仏具線香配布、傾聴・戸別訪問(仮設住宅)

    【参加者】 近藤祐史、黒崎浩行、遠田旭有(曹洞宗)、太田宏人(曹洞宗)

    【法要】 朝倉市宝珠山方面の災害現場

    【合同法要】 朝倉郡筑前町 信覺寺(浄土真宗本願寺派) 導師:渡邉如心住職

    ※この日は、地元の彫刻家・近藤祐史さんにご案内いただきました。大変、お世話になりました。近藤さん、ありがとうございました。 (写真は↓こちらをご覧ください) https://www.facebook.com/Ktskktskktsk/posts/717823115088564

     

    【感想】

    ■遠田

    生ある者が亡き方に思いを寄せる。意識しているにしろ無意識にしろ、命に向き合うこの行為が生きる芯になっていることを女川を訪問するたびに感じますが、今回の訪問でもそれを感じました。 その行為をわずかでも支えることができればと今回は強く思いました。 しかしながら、お線香を配ることで自宅で供養できないことを責める形になっていないかという自己反省も忘れないようにしたいです。 大切なのは私の思いではなくお会いするその人の思いであります。

     

    ■近藤

    皆様、朝倉に来ていただきまして本当にありがとうございました。地元の者として本当に嬉しく思いました。僕自身も、仮設住宅を余儀なくされた方と直接話す機会ができた事で受け取るものがありました。

     

    ■太田

    津波の跡のような、未だ剥き出しの現場に言葉がでません。被害に遭われた方方に「寄り添」えたかどうか、分かりません。 活動への「慣れ」が誰かを傷つけたかもしれない。自分の言葉が空しい。 しかし、また参ります。

     

    ※次月以降 【女川】 11月17日(金) 第92回 参加者募集中

    ===========

    生きるための祈りを支えたい

    「こんにちは」の挨拶を届けたい

    「世界全体」を救えなくても「ひとり」のそばに。

    KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会) #KTSK

    | 活動記録 | 03:54 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 03:54 | - | - | - | - |









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + KTSK傾聴の手引き
      + 初回参加者の声(活動に参加して)
      + KTSK通信(バックナンバー)
      【ここをクリック】
      KTSKで発行している「通信」です。
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ