KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)

被災地での活動報告や告知など。
一見さんの参加も歓迎。
「何かしたかったけど、何をしていいか分からない」
「きっかけがほしかった」
「どこにつながればいいか分からなかった」
そんな想いをお持ちの僧侶、宗教者、一般の方、一緒に活動しませんか?
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    【報告】2015年1月(第47回)傾聴仏具配布訪問
    0
       
      【報告】2015年1月(第47回)傾聴仏具配布訪問
      日時2015年1月24日(土)

      ◉訪問先
      女川町 町営第二運動場仮設住宅(午前、午後)
      高白浜 ゆめハウス(お昼)...
      ◉活動内容
      傾聴訪問、仏具配布(お線香、香炉)、挨拶のお届け、読経ボラ
      ◉合同法要
      高白浜、大川小学校、大川地区慰霊碑、仙台市若林区荒浜慰霊観音
      ◉参加者
      平野批美、高橋紀和、村田ますみ、小杉瑞穂(曹洞宗)、太田宏人(曹洞宗)
      【荒浜供養観音での合同法要参加】伊藤竜信(浄土宗、法要導師)、東海林良昌(浄土宗)


      ※活動へお心をお寄せくださった皆さん、ありがとうございました。
      ※浄財をお寄せくださった村田さん、ありがとうございました。
      ※夜、仙台で迎えてくださった安部さん、ありがとうございました。
      ※コーディネーターとして、あまり万全のコンディションで望めず、
      また、段取りもイマイチで、申し訳ないです。

      ☆☆参加した仲間たちへ。どうぞ心と身体を大切に、ご養生ください。
      津波で亡くなられた方、被災されたすべての方と同じように、
      あなたがた一人一人もこの世に掛け替えのない存在です。
      【太田】

      参加者の感想は、後ほど。
      | 活動記録 | 02:43 | comments(0) | - | - | - |
      【報告】2013年12月(第34回)傾聴仏具配布訪問
      1


      【報告】2013年12月(第34回)傾聴仏具配布訪問

      【日時】2013年12月15日(日)
      【場所】
      ・新田仮設(1、2)
      【合同法要】
      医療センター下献花台
      (國學院大學スタディツアー一行との神仏合同
      導師:小杉瑞穂
      法話:安部智海
      【参加者】
      (一般)平野批美、黒崎浩行:法要参加
      (浄土真宗本願寺派)安部智海
      (浄土宗)伊藤竜信
      (曹洞宗)遠田旭有、太田宏人、小杉瑞穂、三宅大哲:法要参加
      【活動報告】
      (午前)
      照源寺(女川町浦宿)で荷物受け取り
      傾聴訪問 新田仮設、周辺の自宅(一帯は津波をかぶっている)
      (昼食)
      (午後)
      傾聴訪問 新田仮設、周辺の自宅(一帯は津波をかぶっている)
      【物資】
      次回持ち越し分は照源寺・三宅大哲さんにお預けする
      【配布物】
      お線香、KTSK通信、「火の用心」チラシ、香炉

      ⚫︎⚫︎感想⚫︎⚫︎
      気温はそれ程だと思いませんでしたが、雪混じりの冷たい強風が吹いている日でした。
      防寒対策は十全にしないと、と再確認。

      訪問に関して、決してルーチンにならないように気をつけています。しかし、
      •何人の方にお会い出来たか
      •深い話を聴けたか
      •読経はしたか
      という、目標というか「目あて」というかそういうものを、
      心の何処かに持っていました。意識はあった。

      もちろん、振り返りとしては、
      ☆なぜ傾聴に移行したのか/しなかったのか、
      ☆なぜ感情の開示があったのか/なかったのか
      ☆読経は直接依頼か/流れか
      ☆感情の流れはどうであったのか、
      の検証は、ときに大事ですけれども。。。

      気付きがありました。
      今回、ある家庭を尋ねると、玄関先の短い会話でした。
      家庭用と墓参用のお線香をお渡ししました。
      「ちょうどよかった、あしたお墓参りなの」
      とても暗い顔で語ります。言葉も少なく、
      「もう、これで用は済んだんでしょう?」という空気も濃厚でしたので、
      そこでお別れとなりました。

      今回のKTSK通信の裏面には「眠れるコツ講座」を印刷しました。
      私、あんまり積極的に印刷物を配らないので(汗)、そのとき、
      手持ちが切れていました。

      暗い顔が気になって、車に通信を取りに戻って、もう一度訪問しました。
      そして、「眠れるコツ講座」を渡して、項目を説明したところ、
      思い当たることがたくさんある、とのことでした。

      こういう「訪問」(あいさつを届ける、というのに近いかもしれませんが)、
      これも続けよう、と思った次第です。

      ここ数ヶ月は、「こんにちは」という呼びかけの声に、心を載せるように努めています。
      これは、6月の総会で上藤美紀代さんが教えてくれたことです。
      ただ、毎回、反省点はあります。

      合同法要は、神仏合同でした。それぞれの形で心を込めて祈りました。

      浄土真宗本願寺派の精神をまさに体現された安部さんの法話が、印象深かったです。

      今年の活動は以上です。
      皆様に敬意と慰労と感謝を。

      よき歳をお迎えください。

      (以上、太田)

      ●今後の予定●
      1/12(日)、2/2(日)、3/2(日)+3(月)

      生きるための祈りを支えたい
      「こんにちは」のあいさつを届けたい
      ぼちぼちまいりましょう


       

      | 活動記録 | 00:58 | comments(0) | - | - | - |
      【報告】5月(第27回)傾聴・仏具配布訪問
      0

        五月(第27回)傾聴・仏具配布訪問
        【日時】5月12日(日)

        ◎訪問先
        指が浜応急仮設住宅(在宅の全戸)
        旭が丘北応急仮設住宅(一部)

        ◎活動内容
        傾聴、仏具・お線香・食品(レトルトカレー、チョコ)配布

        ◎合同法要
        名取市閖上地区  特別養護老人ホームうらやす 跡地
        (写真)

        ◎参加者
        小杉、三宅、太田(上記、曹洞宗)、高橋、上園

        次回は六月二十三日です。
        ご参加、受け付けています。

        下記までよろしくお願いします。
        otadejpあっとまーくyahoo.co.jp

        ご寄贈、歓迎です。
        (できれば、お線香をお願いいたします。発注方法等をご指示させていただきますので、
        大変にお手数をおかけし申し訳ございませんが、事前にご一報賜れば幸甚です)
        以上、太田

        ◎コメント
        私は前回(昨年の9月)の訪問から、2度目の参加となります。
         
        前回は、ずっと ”おみせやさん” におりましたので、
        今回は午前中、指が浜応急仮設住宅では小杉さんに同行し
        どのような感じで お話をしをされているのかを見せていただきました。
         
        午後からの訪問 旭が丘北応急仮設住宅では、1人で訪問ということに。
        訪問してみて1人では無理だなと思ったら、また同行しての訪問に変更してもらう約束だったので
        大きな不安はありませんでした。
         
        留守のお宅、玄関先で断られてしまったお宅
        玄関先でお話をしたお宅、お茶をごちそうになったお宅、様々でした。
         
        1軒1軒インターホンを押して、「こんにちは」と挨拶をしていきます。
        そうすることで、私たち又は仏具が必要な方を探しているようにも感じました。
        訪問しないと、その時に必要なことが分からないってことなんですよね。
         
        必要ないのも良し、お線香が欲しかったも良し、少し話し相手が欲しかったも良し。
        必要な方に必要なものを、少しだけでも届けることが出来ればいいのかなって思いました。
         
        私は傾聴の技術も知識もありません。
        そして、頻繁に活動に参加しているわけでもありません。何も出来ないのも知っています。
        話してくださった事実を、そのまま受け止めることしか出来ません。
         
        難しく考えず、技術や知識に捉われず、
        その時に自分が感じたままを行い、感じたままを受け止めるということが大事なんだと思いました。
         
        できる人が できることを できるだけ・・・。
        無理をする必要はなかったし、無理をさせる方もいませんでした。
        KTSKの、ぼちぼち ゆるゆるは、こういう意味なんでしょうね。
         
        2度目の参加ということで、色々と皆さまにお気遣いをいただきました。
        お世話になりました。ありがとうございました。
        そして、こうやって活動を支えてくださっている方々に感謝いたします。
         
        また、いつか参加できる日があれば参加したいと思います。
        (上園清美)
         
        ◎コメント
        物資をご提供いただきました皆様、
        ありがとうございました。
        ありがとうございました。

        今回も活動の原点を突きつけていただきました。
        旭ヶ丘で、
        『なんで、配っているんですか?
        それを頂くいわれはあるんでしょうか』と問われました。

        皆さんなら、なんと応えますか?

        ご自分の、どこから、なにをもって、お応えになりますか?

        実は、常に問われていることなのかもしれませんね。

        参加者に高尚なことが求められている、ということをいうつもりはなく、
        むしろ、その逆の方向性というか(ちゃらい、とか、てきとう、って意味ではなく)、


        理屈ではない、
        もっとシンプルな方面。と、つらつら。
        (お)


         

        | 活動記録 | 11:39 | comments(0) | - | - | - |
        【報告】1月(第23回)傾聴仏具配付訪問
        0

          【報告】1月(第23回)傾聴仏具配付訪問
          【日時】1月12日(土)
          【場所】女川町民が暮らす応急仮設住宅(町営野球場、蟹田:流留)
          【内容】傾聴訪問(仏具・生活物資配付・香炉のお掃除)
                  合同法要(女川駅奥の共同墓地から海に向かって)
          【参加者】平野批美、高橋紀和、クラウス・ハメリング、黒崎浩行、
          伊藤竜信(浄土宗:法要導師)、小杉瑞穂(曹洞宗)、太田宏人(同)
          【物品ご寄贈:前回分と合わせて記載】若麻績敏隆様(浄土宗)、
          米倉變桐諭米蓮宗)、清涼晃輝様(曹洞宗)、福祉葬祭様、
          五十嵐祐子様、遠田旭有様(曹洞宗)
          【報告】
          久しぶりに訪れた女川からは、復興への着実な歩みを感じました。
          またその一方で、皆さんにお聞きした話の中からは、
          あの日のことをどんな風に「記憶」としてゆくのかに関し、
          それぞれの方が非常に複雑な思いを持っておられるんだな、ということがうかがえました。
          またこれからも、自分が出来ることを通じて現地に関わっていければと思っています。
           【伊藤】

          電気蝋燭と電気線香の需要が予想以上にありました。
          香炉の掃除はとても喜ばれましたが、傾聴しながらでは、
          ちょっとした「馴れ」が必要でしょう。聴くことに集中するためには、
          「作業」はできませんし。
          あと「僧侶が香炉を掃除すると『指導されている』と
          思われるかもしれない」という指摘がありました。
          確かに。
          これには適性のようなものもあるかもしれません。
          愚生のような丁稚小僧が掃除する分には大丈夫ですが。

          じっくりゆっくりぼちぼちと。
          来月も、こんにちはの挨拶を届けますか。

          以上【太田】


          | 活動記録 | 15:21 | comments(0) | - | - | - |
          KTSK第七回訪問反省会、第八回決起集会
          0
             

            皆さま

             

            メーリングリスト上でもご案内してございます通り、次の訪問日は12月11日()となっております。

            つきましては、前回の反省会と、次回の打ち合せをしたいと思います。

             

            日程につきましては、皆様のご希望を聴いたうえで決めたいと思っておりますが、時間も少ないこともあり私の方から12月4日()で提案させて頂きますがいかがでしょうか。

             

            場所は渋谷か東京駅あたりを考えています。

            今回は、会議と懇親会を分けて考えておりますので、5時から会議、6時から懇親会(或いは一時間ずれても良いですが)で行きたいと思います。

             

            12月4日でOK!いやこの日は止めよう!というご意見がございましたら今日明日中にお返事を下さい。

            特に、12月11日に行かれる方は。スミマセン、タイトで。

             

            吉田健一

            | 活動記録 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            29日の会合
            0
              29日は、渋谷の中央街(渋谷の過疎地帯)の
              千両という店で18:00から太田の名前で予約してあります。
              http://r.gnavi.co.jp/g340700/
              | 活動記録 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「KTSK通信」(第1号)発行!
              1


              記念すべき「KTSK通信」第1号です!


              「KTSK通信」(第1号)
              拡大画像はこちら

              「KTSKれんらく用掲示板」も併せてご覧ください。
              URL:http://ktsk1.bbs.fc2.com/

              | 活動記録 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>
              + PR
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + KTSK傾聴の手引き
              + 初回参加者の声(活動に参加して)
              + KTSK通信(バックナンバー)
              【ここをクリック】
              KTSKで発行している「通信」です。
              + MOBILE
              qrcode
              + PROFILE
              + OTHERS
              このページの先頭へ